オイル美容液でツヤ肌&ふっくら若見え!長時間続く保湿ケアには油分が大事です。

Pocket

美容オイルは思った以上に使い勝手が良い

美容オイルを使ったスキンケアがすっかりマイブームです。

今まで

「なんだかベタつきそう…」と避けていたんですよね。

オイル…料理油とか手につくと落ちなくて困るという…ベタベタして扱い辛いイメージがあったんです。

要するに、

「美容オイル」というものをキチンと理解していなかったんですね。

あと、

「ベタつきそう」「油焼けしたり肌に悪そう…」

変に美容に詳しいせいで間違った不安を持ってしまっていたという…。

 

わたしはTゾーンのベタつきが気になる混合肌(ゆらぎ肌)なので、

脂分取り除きたいのにオイル塗ってどうするんだ…」と思ってました。

 

最新の美容オイルは精製技術が進化したので純度が高い

しかし!

最近の化粧品の精製技術は格段に進歩していて、

酸化したり毛穴に詰まるようなトラブルもなく

純度が高くてオイルならではのお肌に嬉しい効果がたっぷりなんです。

 

こんなに流行っているなら使わないのは損かも」と、

美容オイルについて勉強した事をまとめたので読んでください!

 

30代半ばのお肌は油分が足りていない

 

オイルだと油分を過剰に与えることにならない?と心配になりますよね?

30代も半ばになると、

実はTゾーン以外の部分はむしろ油分足りていないという事実!

Tゾーンのテカリばかり気にしてて他の部分の乾燥に気づかないと危険なんです。

油分の足りないお肌は「ガス欠状態の車」状態。

肌が本来持っている機能が動かなくなってしまうイメージを浮かべてください。

 

肌は乾燥を感じると「老化(エイジング)のスイッチ」を押してしまうので、

20代の頃と違って「肌が乾燥するくらい大したことない」とのん気に構えていたら

シワシワにしぼんだエイジング肌になってしまうかも…!

 

オイルの種類って?何から抽出されるの?

 

植物性美容オイル

  • 植物由来のオイル…オリーブ、アルガン、ホホバ、あんず、マルーラ、ヒマワリ、サフラワー、アボカド、ローズマリー、コメヌカ、アマニ、ココナッツ、ラベンダー、月見草、エンジュ(マメ科植物)、ローヤルゼリーバオバブ、チアシード、ウチワサボテン、クプアスバター、カカイナッツなど
  • 動物由来のオイル…馬油、深海ザメ由来のスクワラン、エミュー(鳥)
  • ミネラルオイル…鉱物由来の合成オイル

動物性美容オイル

植物性のものは軽いテスクチャーで香りも楽しめて、

動物性のものは肌なじみと潤い保持力が高いです。

乾燥肌が特に気になる人は動物性がオススメ。

 

あと、

ミネラル由来の鉱物油は敬遠する人もいるけれど、

実は一番お肌の負担が少なくて安心して使えるんですね。

 

複数のオイルをブレンドするのが今の流行り

 

複数のオイルをブレンドしたものが流行り

色々なオイルがブレンドされているアイテムが流行りで、

9種類もの美容オイルが配合されているラインもあったりします。

↓ ↓ ↓ ↓

 

オイルイン美容でくすみ、毛穴、乾燥小じわなどの年齢肌のお悩みを対策しよう

⇒ララヴィトライアルセットで冬の乾燥小じわ肌がしっとり変わって効果が!【美容オイル配合エイジングケア】

9種類の美容オイルが化粧水やクリームにも配合されているフルラインのお試しセットを使ってみたレビュー記事です。

 

 

オイルの特徴は?お肌にうれしい効果とは?

 

スキンケアの仕上げに使うアイテムは、

乳液、オイル、クリームと色々ありますが、

オイルには他のアイテムにはないオイル独自の良さがいっぱいあります。

  • 乾燥を防ぎ理想の水分状態を保つ
  • 油性の美容成分がお肌に浸透する
  • ゴワゴワしたお肌をふっくら柔らかく
  • 美容成分の浸透力がアップされる=導入液(ブースター)効果
  • 表面にツヤ感が出てリッチな満足感が
  • メイクの吸着力もアップ※→クレンジングオイルの便利さと直結

 

オイルはバリア効果が高い

 

オイルは表面に残る部分があるので潤いを逃さない

オイルは良い意味で浸透し切らずに必ず表面に残る分があるので、

お肌のバリア効果が高いです。

 

肌のバリアがしっかりしていると水分を逃さない働きも。

お肌の理想の水分は20〜30%。

オイルは理想のうるおい状態を保ちやすいです。

 

オイルは油溶性の美容成分を配合できる

 

美容成分には水溶性のものと油溶性のものが。

オイルは水には溶けにくい美容成分をダイレクトに届けることができて便利なのです。

テトラへキシルデカン酸アスコルビル、ステアリン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビル

例えばビタミンC誘導体

水溶性と油溶性のものがありますが、

油溶性のビタミンC誘導体は浸透力持続性が高くて、

色々なアイテムに配合する事が可能でとても便利!

 

「オイルのおかげで美白、シワケアのアイテムの自由度が上がった」と

美容家の先生もおっしゃっていました。

 

化粧水には配合が難しい油溶性の美容成分をたっぷり配合した美容液オイルを実際に使ってみた口コミレポートです。

↓ ↓ ↓ ↓

アンプルールの美容液オイルを実際に使ってみた効果&口コミ記事です。⇒油溶性ビタミンCと植物幹細胞・成長因子などエイジングケア成分配合の美容液オイルを実際に使ってみたレポート記事です。

 

オイルで枯れ肌にツヤが出る

 

オイルで肌になめし革のような艶が出る

革製品のお手入れに専用のオイルを使うと、

ツヤが出るし硬くなった革も柔らかくなります。

人間のお肌も同じようにツヤツヤに。

↓ ↓ ↓ ↓

オイルの質感のおかげでぬって即効で乾燥小じわが目立たなくなります

確かになめし皮みたいな独特なツヤ感です。

思ったよりテカテカ感は少ないですね。

 

オイルはクリームよりも即効で「馴染ませた後にお肌の表面に残る質感」が出やすく、

30代半ばくらいの年代の人にとってはこの肉厚なツヤ感は若見えに必須です!

(若い頃はツヤは与えなくてもあったんですけどね…。)

 

 

なぜオイルを導入液(ブースター)として使うのか?

 

化粧水の前にオイルを使うとか、水分弾いちゃいそうだし

順序が逆じゃない?って抵抗あったんですよね。

オイルは角質細胞間脂質を緩めて水分や美容成分を入れやすい

肌なじみが良いオイルは角質層の細胞間脂質を流動的にさせる働きが。

カチカチになっていると角質層に弾かれて美容成分が奥まで入らず

表面で蒸発してしまうんです。

 

せっかく高い化粧水を使っても「入っていかない」のでは意味がないです。

柔らかく入りやすくするためにオイルが良い仕事してくれます。

 

ちなみに、

マッサージオイルやクレンジングオイル以外なら、

ブースター表記がなくても、洗顔後に化粧水の前に使ってOKです。

 

オイルを導入液に使うとベタつかずにツヤが出るのも嬉しいです。

オイル初心者はまず導入液(ブースター)として使うのがオススメです!

 

オイルはクリームよりもマッサージがしやすい

 

マッサージにはオイルが一番良い

何と言ってもオイルの特徴は肌すべりの良さ。

クリームもいいですけど、オイルのあのヌルヌルした性質はよりマッサージ向きです。

お肌に負担が少なく効率的にマッサージすることができます。

  • 血行が良くなる
  • 老廃物を流す

家でやるセルフマッサージって「そこまで効果ないかな」って

今まであんまり意識してなかったんですが、

30代半ばになってくるとすぐに身体やお肌や指先が冷えやすくなるんです…。

マッサージの大事さが本当によくわかるようになりました!

コツコツ少しずつ出来ることをやるのって地味だけど確実です。

 

髪の毛や爪もツヤツヤに

 

髪の毛や爪、もっと言うと肌の角質層も「すでに死んでしまった細胞」なので、

パサパサの状態を放っておいても復活しません。

オイルでコーティングすることによってイキイキとしたツヤを見せることができます。

オイルで爪のお手入れ

わたしはセルフジェルネイルをやり過ぎて、

爪がペラッペラになってしまっているので

爪のお洒落は無期限お休み中なんですが、

オイルによるお手入れのおかげで

 

すっぴん爪でも何とか恥ずかしくなく整えることができています(^ ^)

 

ドラッグストアに売っている4面とかの爪磨きの仕上げのつや出しだけ使い、

仕上げにオイルをもみ込んでお手入れしています。

スキンケア用のオイルなら、

ネイル用のオイルじゃなくてもOKです。

(※クレンジングオイルは駄目です)

 

オイルは肌の不純物を取り除くのに一番良い

 

 

クレンジングはやっぱりオイルが一番メイク汚れと皮脂を落とす力があります。

なぜなら、

メイクも油分でコーティングされてお肌と密着しやい構造になっているから。

 

油汚れは油で落とすのが一番なんですね!

 

美容家の岡部美代治氏もセミナーで言ってたのですが、

世に出回っている、

クレンジングオイルは肌へのダメージが大きいというのは誤解で、

正しい使い方をしてしっかり洗い流せば一番効率よくメイクオフすることができます。

 

オイルは自由度が高いアイテムなのがイイ!

 

オイルは使い方が決まっていないので、

単体使用だけでなく他のアイテムと組み合わせることで更に便利に!

自分にあった使い方を探すのも楽しいですよ。

 

たとえば、

↓ ↓ ↓ ↓

BBクリームに美容オイルを1滴

BBクリームにオイルをほんの少したらしてみると、

(※写真だとわかりやすく多めにしてます)

ファンデーションにオイルを加えると乾燥しにくく崩れにくくなります

ツヤ感アップで乾燥を防ぎ、更にメイクも崩れにくくなります。

(※多く入れ過ぎに注意)

 

今まで食わず嫌い(使わず嫌い?)していたのは凄くもったいなかったです!

これからは色々な美容オイルを試していきたいなと思います。

 

コチラの記事も一緒に読んでください!

↓ ↓ ↓ ↓

幹細胞コスメって何?簡単にわかりやすくまとめました

 

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/